バットにボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)が当たらない時に、効果的な練習方法を三つご紹介します。 ・近い位置からボール(大会などで使うものが規定で決まったいるのならそれと同じものを、そうでなけれね許される範囲で自分に合ったものを使いましょう)を投げてもらう ・バントの練習をする ・素振り まず、近い位置からボールを投げてもらうですが、近くから下手投げで投げてもらって、バットに当てる練習をしましょう。 バットに当てられるようになってきたら、段々と距離を離していって、最終的には試合と同じ距離で投げてもらってください。 また、バントの練習をすることも、バットにボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を当てられるようになるためには効果のある練習方法です。 もし、練習(最後はどれだけやったかが自信に繋がるのだとか)に付き合ってくれる相手がいないようなら、ひたすら素振りを行うというのも有効なのです。 ただ、やみくもにバットを振るのではなく、鏡でフォーム(間違ったままで覚えてしまうと、修正するのがとても大変です)をチェックしながら、もしくは、試合でバッターボックスに立っているのをイメージして素振りしてください。 これらの練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)である程度の自信が付いたら、バッティングセンターなどで試してみるのもいいかもしれませんね。 とにかく慣れる事が肝心ですから、諦めずに練習を続けましょうー